2014年09月10日

健康管理

最近はお昼の休憩時間もないくらい忙しく完全にバテバテ状態です。
帰りも遅くなかなか歩く時間が取れなかったんですが、夜中に少しでも歩くようにしています。

睡眠時間を削ってでも歩いています。
だいたい0時から一時間くらいあるきます。

そのまま寝た方が体が楽なような感じがしますが、歩いたほうが断然朝の目覚めと体調がいいです。

歩行についての理解のある先生は一度やってみては?

私は調子がいいです。




posted by アムス校友会 at 16:05| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

休みの日

休みの日は次の日の仕事の為に健康管理しています。
今日は近所の河川敷を約45分ほどウォーキングしました。
歩いていると次の日の体調が全然違うんですよ。
みなさんも試してみてください。
DSC_1021.jpgDSC_1022.jpg
posted by アムス校友会 at 13:35| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

一週間を終えて

今週は患者さんの来院と新患さんの来院がメチャクチャ多かったです。
しかし、キチンと診れてたんか?と反省してます。待ち時間をきにてしまい焦る気持ちがでたように思います。
また、体力的にもかなりキツく手を抜いている訳ではないのですが、少し雑な検査になったように思います。
後でカルテをみたときにいつも反省ています。
来週は少し暇かな?
カルテは丁寧に次の施術の時に前回の内容が、わかるようにはかきたいですね?
posted by アムス校友会 at 19:37| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうそろそろ…

もうそろそろ来年の新年互礼会、
総会に向けての会議がはじまる予定です。
まだ召集は掛かってませんが、会議担当の役員がやってくれるでしょう。
年の前半は学会が多く忙しくして、後半は
校友会で忙しく…
なかなか休める時がありません。
でも、新年互礼会は楽しみです。
また、たらふく飲みましょうぞ(^o^)

posted by アムス校友会 at 02:10| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

角度を変えて

模型を眺めていてふと、下から覗いてみました。
どう感じますか?
DSC_1020.jpg
posted by アムス校友会 at 13:33| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

水曜日の午後は休診

当院は水曜の午後は休診にしてます。
さすがに40才台にはいると疲れがとれないというか根気がなくなってくるというか、本当に倒れそうになってしまいます。
30台では相当無理もしてきたのでそろそろ自分の時間を作ってもいいのかもしれませんね。
皆さんも体調管理には気をつけてくださいね。
では、ミナミの街へlet's go(^o^)

posted by アムス校友会 at 14:06| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

会長日記

今年もあと10日程で終わりです。
この一年、学院の閉校が決まり校友会の存続の為にと東奔西走してまいりました。

今までの豊田さんのサポートの有り難さを痛感しております。

少しずつではありますが、来期の展望がハッキリと見えてきたように思います。

校友会が掲げるテーマとして親睦と勉強があります。来期一回目となります勉強会は
私が担当させていただきますが、自分が臨床で本当に大事なもの解剖、生理、病理と思っています。
患者さんの障害を解析出来ないことには患者さんに手が出せないでしょうし、その解析に必要なものは生理、解剖、病理だと実感しています。
例えば、肩こりと言う症状には山ほどの原因が有るわけです。骨格異常からくるもの、疲労性、歯科領域のもの、眼科領域のもの、精神的なものなどなどです。
それらを判断するには幅広い知識が必要だと感じます。
今回のテーマは胸郭ですが、人間の生命維持をするのに非常に重要な領域であると思います。
と言うことは、そこはしっかりと勉強しないと患者さんの人生を良いようにも悪いようにも変えてしまわれると思います。
非常に難しい所ではありますが、しっかりまとめあげてみなさんの前でお話できるように頑張ります。
これからも校友会を宜しくお願いします。

やっぱり日々勉強です。



posted by アムス校友会 at 01:02| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

〜会長臨床日記〜 その53

3連診

今日で3回目の来院です。

昨日の感じからするとほぼいい経過でくるだろうと思っていました。

案の定患者さんは軽快な動きで入室し、明日から現場仕事をするとの事でした。

処置の前に検査をし、可動域も良好、知覚異常も消失、少しの叩打痛が残っているくらいでした。
しかし、障害してからまだ3日で、内障がそんなに早く治る訳がありませんので、その注意を患者さんに促し、処置をし来週で経過がよければ最後に1週間後に確認して終わりましょうと告げました。

今回のケースは患者さんが私の言うことを理解してくれ、自分でも努力して治そうと思ってくれたので凄くいい結果が残せたと思います。

どうしてもやり方論に偏りがちな現代ですが、患者さんの姿勢や行動をどう読むかで対応は山ほどあるんだなと感じました。
やっぱり日々勉強です。
posted by アムス校友会 at 00:00| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

〜会長臨床日記〜 その52


2月7日(金)

昨日みた患者さんが夜に来院しました。

きちんとアイシングをしてくれてるかなぁ、症状は軽減してるだろうかと心配をしていましたが、院に入ってきた患者さんの姿をみて一安心しました。
担がれてきた人が少し脚を引きずるが自分一人で歩いてきたからです。

処置室に入室してからも動きのよさに自分でもびっくりするくらいでした。
患者さんは昨晩から今日の来院までひたすらアイシングをしていたらしく、私自身もアイシングの凄さをもう一度確認いたしました。

今度も再診ですのでもう一度検査をして状況の確認と誤診してないか、何か変化がないのか等をみて、
整復処置、テーピング処置を施しこの時点で前後屈の痛みがほぼ我慢できるくらいまでいき、私自身もこのままうまく経過が運べばいいなぁと思いながら次の日に再度みせてもらうように言いました。



posted by アムス校友会 at 23:28| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

〜会長臨床日記〜 その51

3作連続シリーズ

2月6日(木)
急性腰痛で患者さんが運ばれてきました。

早朝に靴下を履こうとした時に急に痛くなったそうです。

担がれてきた時には予約の患者さんでいっぱいで「大変な患者さんがきたなぁ」って思っちゃいました。

とりあえず、問診をして今の現状と過去の既往歴、内科等の持病の有無、スポーツ歴などを聞き、待っててもらう間にアイシングを施しました。

順番が回ってきて検査に入ろうと思っても検査の体勢もできず、触診、歩容、知覚検査、座位姿勢、叩打法などを総合的に考え診断をとりました。
検査内容としては両側の下肢に知覚異常がみられ、歩容は前傾で腰が伸びない状態で歩き初めの脚は右脚から、すでに右の下腿部に仮性肥大がみられました。

また、外傷歴、その他の既往症を考慮に入れた結果、両側の仙腸関節捻挫、腰椎椎間関節捻挫と判断しました。

当然、激痛の為に整復姿位は取れず座位での整復とテーピングでの保全、アイシングの徹底を患者さんに行ってもらうということでその日は終わりました。

整復が完了した時点では痛みの変化は少なかったものの、伸びなかった腰が伸び歩容が綺麗になっていて少しほっとしました。

あとは翌日の来院でどうなっているかそれを祈るだけです。
posted by アムス校友会 at 10:50| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。