2015年12月11日

急性腰痛

急性腰痛とは脊柱のスムーズな動きが出来なくなり時間と共に周辺の劣化が進むことにより、筋断裂を起こしたものと考えれます。
脊柱のスムーズな動きが出来なくなる原因として、老化、疲労、周辺の過度なストレスなどが考えられます。
また、それらが蓄積され続けた結果生体の許容値を超えてしまい破壊された状態と考えます。
だから、早朝に洗顔をしようと少し前に屈んだ時や不意の小さな動作により障害されるのです

では、それらの対応についてどう考えて行くべきなのでしょうか?

脊柱周辺の筋断裂と考えるならば、肉離れと同様の初期処置となるはずです。

1、安静を保つ
2、冷却を行う
3、固定する

などが考えられます。

まず、しっかり炎症を除去すると言うことが重要です。
何かしないといけないと、患部を揉んだり、引っ張ったり、温めたりしてはいけません。

表面上ではわかりませんが内部は筋挫傷が考えられることから、腫れているはずなんです。
だから、腫れている所を揉むとどうなりますか?どう考えても腫れは酷くなります。
炎症があるところを温めるとどうなりますか?絶対に炎症は酷くなります。

どんな疾患にも治癒日数はあります。骨折ならグルトの治癒日数は国家試験でもでてきます。
一発で筋肉がくっつく訳はなく、診療者はそれを考えて患者に伝えるべきだと思います。

確かに患者は早く治して欲しいと言いますが、ものには限度があります。
しっかりと患者に説明をし、焦らずにやっていけばキチンと治るはずです。

慌てた為に症状が重篤になったり治癒が遷延したりならないよう注意は必要だと思います。

そう言う意味でしっかりと患者を診るということは大事なのかも知れませんね。




posted by アムス校友会 at 00:36| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

集客

最近、色々な業種の方とお会いする機会が増えました。
この11月であれば、行列のできる飲食店の店主であったり、醤油蔵の職人さんであったりとその道ではかなり極められた方だと思っています。
この人たちとお会いして思ったのが、お客さんを呼ぶため(集客)に頑張ってるのではないということです。
色々なお客さんに少しでも美味しいもの、本当に良いものを、と考え日々努力されて今日があります。
その良いもの(本物)を目指し、たくさんのお客さんが全国から集まって来られるのだと思います。

この発想は日本の商いの考え方なんでしょう。
呉服の世界も本当に良いものをと、一つ一つ手描きをしたり、一日に数センチしか織れない反物を織ったりと気の遠くなるような作業をしています。
こんな気の遠くなる作業はお金儲けと思ってやれる訳はなく、少しでも良いものをお客さんに届けたい。そういう想いがあるから匠の技が生まれてき、良いものが作られていくんだと思います。

これと対象にアメリカの商いの特徴は売れる物がよい物だ的な発想のように感じます。
お客さんが集まればその商売のやり方は成功であり。勝てば官軍みたいに感じてしまいます。

どちらがいいとかではなく、どちらを目指すのかであります。
私はやはり日本の商いの方が自分に向いていると思います。
人の体に触るのに、ましてそれを触ることはその人の人生に関わることなのに中途半端な技術を行使したくはありません。

少しでもその人の為にと日々精進していきたいと思っています。
その結果、それを求めて色々な患者さんが来院してくれればいいかなって思っています。

集客の為に何かをする。
集客するにはどうしたらいいのかなど
考えたくはありません。

我々は人のためになるためにこの仕事を選んだのではないでしょうか?
儲けることが悪いわけではありませんが、儲けるためにやるのではなく、結果的に儲かったでいいんだと思います。

人間はどうしても欲がでてきてしまいます。
本末転倒にならないよう、日々努力していきたいものです。
posted by アムス校友会 at 23:26| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

診察

先日、ある動物病院の先生のことをやっていました。
その先生は口のきけない動物たちを診る時は体中を触り、呼吸、脈、仕草などあらゆる細かい事を診ておられるそうです。
時には診察だけで一時間を超えることも多々あるそうです。
我々も人を診るには、患者さんの入室から一つ一つの動作を診て、患者さんの本当の訴えを見抜き、その後に丁寧な問診、検査へと進むべきなんだと思います。
患者さんの主訴は主訴でないケースもあります。
例えば、腰が痛いと訴えていたが診察を進めるうちに主訴が変わり、『実は首も痛いです』などと訴えるケースなどは本当の主訴は二番目に言った首であることが多いように感じます。
動物の場合は口がきけない分、それを見抜くドクターの力がいりますが、人間を診るドクターはその修飾された主訴を見抜く力が必要ではないでしょうか?
posted by アムス校友会 at 23:32| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

これからの校友会

私は会長としてこれからの校友会をどうして行けばいいのかいつも考えています。
学院が閉校し卒業生は母校を失ったわけですが、アムス校友会として何とかみなさんの母校に変わるものを残していると感じています。

今の校友会での活動は年に一度、同窓会として新年互礼会を残すことに専念しています。
出来るだけ出費を抑え末永くやりたい。いかに母校の面影を残していくのかを常に考えています。
完全に母校がなくなれば本当に寂しいと思います。

色々な所では、もっと色々なイベントをしたらいいとか、もっといいやり方があるだろう。そんな意見も噂では囁かれているそうです。

皆さんが今の校友会に何を求めているのか?を正直に知りたい。

机上の空論ではなく、現実的な話を

新年互礼会でみなさんとこれからの校友会について話が出来ればいいと思っています。
来年にみなさんとお会いできることを楽しみにしています。

posted by アムス校友会 at 00:44| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

新年互礼会にむけて 

今年も10月を迎えあと三カ月を切りました。
校友会も来年の総会、新年互礼会にむけ活動をしていこうと思っています。
学院が閉校して1年半。あれからすごく時間が経ったように感じます。
校友会も学院があった時のような活動は出来ないですが、せめて1年に一度は互礼会を開催し旧友たちと語り合い親睦をはかっていただきたいと思ってます。

学院はありませんが、校友会はまだまだやり続けます。

是非とも互礼会に参加してください。
役員一同皆さんに会えることを願っています。
校友会 会長 山脇功治
posted by アムス校友会 at 17:16| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

初心に戻る

最近スランプです。
年齢のせいなのか体力がもちません…

先日、腰痛患者さんが来院されました。
問診時にいつもなり大枠として患者像を、把握しようと聞くのですが、患者さんのあまりにも痛みに執着した返答に思わず患者さんの渦中に入ってしまいました。
今までの経験上、痛みに対しての処方を行うと必ず失敗してしまいます。
痛みというのは診断を取る上で大事ではあるんですが、そこに執着してしまうとうまく診断がとれないことがおおいです。
患者さんを診るときは客観的と言うか、渦中の外からみたほうがいいと思います。
やっぱり、その患者さんは来院されなくなりました。
来なくなって残念と思うより、自分の思いが伝えれなかったことを本当に悔やみます。

自分が何の為に仕事をやっているのかをもう一度開業趣意書を見直し、明日から頑張ります。
初心忘れるべからずです。
posted by アムス校友会 at 23:43| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

福島にて

学会の帰りです。
副会長の宮崎先生と福島で飲んでました。
串カツのお店でたらふく食べて飲んでと…

いつも写真を撮るのを忘れてしまいます。

校友会について熱い意見もらいました。

posted by アムス校友会 at 21:18| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は学術大会に出席です。

大阪大学中之島センターにて行われる学術大会に参加してきます。
昨日は校友会の会議で帰ったのが夜中の0時…

久々の仲間と色々話し合いました。
今回は来年度の総会、新年互礼会がメインです。

場所の予約、往復ハガキの作成と作業は順調に進んでいます。

皆さんの参加をお待ちしております。
posted by アムス校友会 at 11:39| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

休日

今日は久々の休日です。
朝起きもゆっくりで1日中家の掃除ができました。

満足です。

明日は台風こくるみたいですがどうなるんでしょうか。。。

大阪はほとんど直撃は受けない恵まれた地域に感じます。

他の地域の方も被害がなければいいのですが、、、

御嶽山の噴火にこの台風、本当に何とか少しでも台風の軌道が変わればと願います。




posted by アムス校友会 at 21:14| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

18日の会議にむけて

10月18日に校友会の会議をします。
総会、新年互例会がメインです。

勉強会も話をしてみたいですね。

私の勉強という考え方なんてすが、みんなで勉強するのもいいと思うんですが、やっぱり最終的には自分がやらないとダメですよね?


色々な事を教えてもらっても自分でやり直さなければ自分の物にはならないだろうし、それが本当に正しいと自分で納得しないダメやと思います。

勉強会を、企画するのも大変です。
何でもかんでもやっていいものでもないとおもいます。

難しいですね。

ただ、一つ言いたいのは自分が違うだろうと思うことは、なかなか人には勧められないですよね?

本当に難しいです

 

posted by アムス校友会 at 23:50| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。