2017年08月13日

基本に戻って

施術の効果がなかなかうまくいかない時はいつも基本に戻っていきます。

まず、生理学、解剖学などもう一度見直してみるとなんとなく答えがでてくるように感じます。

関節の生理として、関節の中には関節液があります。
これは何のためにあるかというと、関節の潤滑のためと関節軟骨の栄養のため、また関節の中で発生した摩擦熱の除去のため等にあります。

関節潤滑のために必要な力は近接力であり、潤滑を阻害する力は離解力とぜん断力です。

関節の動きが悪くなった時(潤滑不全状態)は、やはり近接力が整復のカギといえるでしょう。

潤滑には、静力学的流体潤滑、動力学的流体潤滑、境界潤滑など色々ありどれもある程度の理解は必要かとおもいます。
滑膜には毛細血管網がたくさんあります。その意味もしっかりと考えなくてはいけません。
炎症は急性、陳旧性であれ内部エネルギーが蓄積した状態であり、温熱療法・冷却療法どちらを選択するのかで、患者さんの予後は大きく変わってきます。

どうしても、悩む時は技術書を見てしまうのですが、それはそれで大事ではありますが、もう一度基本に戻るのも必要かと思っています。

私は、今でもアムス時代の生理学・解剖学の教科書を常に整骨院において目を通しています。

やっぱり日々勉強です。。。♪
posted by アムス校友会 at 23:46| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

勉強すればするほど。。。

最近は判断がなかなかつかない症状で来院される方が多いような気がします。
わからないものは出来るだけその日に調べるようにしていますが、情報が多くなればなるほど頭がこんがらがってきます。。。

まとめる力がないなあ〜といつも実感しています。

勉強すればするほどわからん。。。

そんな同じような方いませんか?

では、明日も頑張りましょう。。。

posted by アムス校友会 at 00:13| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

体調管理

今年8月を迎えると46歳になります。
毎日毎日、数多くの患者さんの対応に追われ体もなかなか休めることができません。

治療も腰部を捻じって仕事をすることが多く常に腰痛と隣り合わせ。

基本的には日々のアイシング、ウオーキング、筋トレなどで対応しています。

最近気付いたことですが、ウオーキングを昼休憩45分、夜中11時過ぎに45分やっていると睡眠時間が少なくてもバテなくなりました。(不思議・・・)

大体、2時くらいに寝て7時くらいに起きてます。(日によっては3時くらいに寝てます)
※飲んでませんよ・・・

ウオーキングは体のバランスや体力をかなりつけてくれるんだなあっと実感しました。

今日は久々の休日。今から歩いてきます。

ウオーキング。おすすめです。
posted by アムス校友会 at 13:50| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

手加減

今日、他院で施術を受けて大変な事になったと来院されました。
骨盤の矯正としてかなりの力で捻られたそうです。

視診をしてみると腸骨付近から鼠径部にかけての出血。。

結構、きついなぁー、と一瞬感じる程でした。(写真は撮らせてもらいました)

色々な施術はありますが、年齢、性別など考慮を入れた力加減は必要かと感じました。

解剖学的な知識、力を入れる方向性など、かなりの配慮は必要かと思います。

同じ柔道整復師としてできるかぎり安全な処方を選択しようと感じた一瞬でした。

解剖、大事です。

やっぱり日々勉強です。
posted by アムス校友会 at 23:21| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

勉強会

昨日、勉強会を行いました。

同じ治療法を勉強するなかで、自分一人では見えないポジショニングや力加減など色々と指摘してもらいました。

どうしても一人でやっていると技術的な部分はどうしても我流となり治療成績が悪くなっていきます。

フォームの修正や考え方の確認、そして新しい課題と色々見えてきました。

やってもやっても足りません。

また、治療もやってもらい今日は体がメチャメチャ楽です((((*゜▽゜*))))

ふと、勉強会のことを考えていて自分はどれだけの勉強会に参加しているのかぁーって考えたら6つもの勉強会に参加していました。

多いのか少ないのかは分かりませんが、やってて楽しいし勉強会に参加すると自分のモチベーションがリセットされテンションが⤴⤴になります。

やっぱり日々勉強です。
posted by アムス校友会 at 14:31| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

原点回帰

アムス学院を卒業して13年。その後すぐに分院長として勤務し、自分が開業して12年の月日が経ちました。
とにかく12年間は自分なりに勉強をしてきたつもりではありますが、、、まだまだです。

開業した当初の事を考えますと、今自分が行っているスタイルとかなり変化したなぁーと感じます。
変化したから進化したのかと考えると全てがそうではないようにも感じます。

開業した当初は手技も知識もあまりなく、それでも患者さんは来院される訳で。
毎日どうしたらいいのか?など考えていました。
自分に腕が無いんだから患者さんの生活習慣を変えるしか、その患者さんを救う道がなかった訳です。

たったそれだけのことしか出来なかったのですが、患者さんはみるみるうちに治っていくのです。

それから、毎年色々な勉強会に参加をして自分の腕もソコソコ?!となったときの患者さんの治り方はその当時とあまり変わってないのでは??!!と感じる時もあります。

色々な疾患に陥るときには必ず原因があるわけで、その原因のそもそもは患者さんの日常生活にあることが多く、そこを改善しないと治って行くわけはないのです。

どんなに素晴らしい技術であっても患者さんがチャランポランでは治らないと思います。

自分が技術を身に付ければつけるほど、原点が見失われるように思いました。

もう一度、原点に帰ってみようと思います。

やっぱり日々勉強です。
posted by アムス校友会 at 23:28| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

昨日勉強会に参加しました

昨日ハイドロバックという器具を使っての勉強会に参加してきました。
水圧を使って関節や筋肉などを整復する画期的なものです。

自分でもその効果を実感し本当に素晴らしいと感じました。

このような勉強会を校友会でも企画してみたいと考えています。

次回の評議委員会で提案してみるつもりですが、案が通れば次回の広報誌を発送の際に通知できると思います。

今年も校友会活動頑張ります。

やっぱり日々勉強です。
posted by アムス校友会 at 08:28| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

外科頚骨折後療

本日肩関節の痛みで患者さんが来院されました。
去年の8月に骨折しその後リハビリを行うが、腕が上がらない、痛みが取れないとのことでした。

骨折の転移は殆どなく、骨折はきれいに治っているそうです。
夜間痛、運動痛がありまた可動域も挙上が90度、伸展は20度程度しか動いていません。
さぁー、どうしたものかなぁー?と考え、、、

まず、受傷した時のことから話を聞くことにしました。
玄関マットに足を引っ掛けて転倒した際に右手を着いた時に骨折したそうです。

当然、肩関節には骨折があったのですが、それに付随して肩関節に捻挫があり、当然その周りの軟部組織にも問題があるはずです。

転倒したと言うことですから、転倒した際の衝撃により、体のバランス機構にも問題が発生したととらえる事も必要かと考えました。

まず、最初の処置は肩関節からではなく、体のバランス機構の回復から行いました。その結果、肩関節挙上、伸展制限はほぼ消失。。。

ということは、転倒した際に受けた別の場所が肩関節の治癒の妨げになっていたのでしょうか?
一つの損傷を診るときには一部分だけを診るのではなく全体としてとらえた方がいいように感じました。

当然ですが、その後は肩関節面 離解もあったので処置をおこないました。

患者さんを診るときは、大きくも小さくもみないといけないと感じたケースでした。

やっぱり日々勉強です。
posted by アムス校友会 at 23:27| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足関節捻挫

最近、足関節捻挫の患者さんがよく来院されます。
足関節捻挫を診ると、俺って柔道整復師だなぁーって感じで嬉しい気持ちになります。

一昨日に足関節捻挫で来られた患者さんの話ですが、一ヶ月前に足関節捻挫をし未だに足が床に着けず困っているとのことでした。

整形外科でレントゲンを撮ったけど異常なし。
その後に整骨院にいって貼布剤をもらって、テーピングで固定してもらったんだけど良くならず歩行も困難なまま。。。

歩行時に踵接地すると電気が走るような痛みが走るそうです。

とりあえず検査を行いました。
まず、視診、触診、可動域検査などなど。。。

視診では前距腓靭帯部から外果にかけて軽度の腫脹、圧痛、距踵関節部にはっきりとわかる圧痛、またアキレス腱の圧痛と肥厚を感じました。

この時点で考えれる問題は距腿関節捻挫、距踵関節捻挫の複合した問題。
それと考えれるのは患側を引きずって歩いていたための腰部の問題です。

それぞれの関節を整復、固定、冷却を施し、本日二回目の来院。
電気が走るような痛みは消失。
処置室に入室されるときも脚の引きずりはありませんでした。

検査上も良好であったため、来週もう一度みて終わろうと思っています。
ただ、関節のズレは取れたものの、患部でのキズは治っているわけはなく、自宅での冷却の指導はきちんと行うつもりです。

みて、さわる。
これが基本なんだなぁーと感じた瞬間でした。

やっぱり日々勉強です。
posted by アムス校友会 at 00:04| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

障害の原因って、、、

最近時々考えるのですが、患者さんの損傷の原因ってなんだろう?
頚部痛で来院され、この痛みの原因はなんですか?と尋ねられることがあります。

腰からきてるのですか?

顎から来てるのですか?

内臓からきてるのですか?

等々

当然柔道整復師としての検査を試みます。関節に問題があればその関節を整復します。
また、日常の姿勢や生活習慣の事も聞いてみます。

手枕をしてテレビをみていたり、長時間スマホを触っていたりしませんか???

普段の歩行量も少なく、体を動かせていない。


こういう方は結構多いのではないでしょうか?

目に見えるような外傷ではなく、普段から何気なくやっている動作でおかしくなっているケース(反復性の外傷、亜急性タイプ)が多いような気がします。

そんな方の治療で欠かせないのは本人に自覚してもらうこと。。。

色々な素晴らしい手技を施しても、本人の日常生活がかわらない限り決して治ることはないでしょう。

だって、本当の原因は頚部ではなく、また腰部でもなく患者さんの日常生活なのですから。

一時的に治っても、日常生活に問題があれば障害を繰り返し慢性化の一途をたどるのでしょう。

難しいと思います。患者さんの気持ちを動かすのは、、、

やっぱり、日々勉強です。

posted by アムス校友会 at 23:45| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする