2014年10月30日

初心に戻る

最近スランプです。
年齢のせいなのか体力がもちません…

先日、腰痛患者さんが来院されました。
問診時にいつもなり大枠として患者像を、把握しようと聞くのですが、患者さんのあまりにも痛みに執着した返答に思わず患者さんの渦中に入ってしまいました。
今までの経験上、痛みに対しての処方を行うと必ず失敗してしまいます。
痛みというのは診断を取る上で大事ではあるんですが、そこに執着してしまうとうまく診断がとれないことがおおいです。
患者さんを診るときは客観的と言うか、渦中の外からみたほうがいいと思います。
やっぱり、その患者さんは来院されなくなりました。
来なくなって残念と思うより、自分の思いが伝えれなかったことを本当に悔やみます。

自分が何の為に仕事をやっているのかをもう一度開業趣意書を見直し、明日から頑張ります。
初心忘れるべからずです。


posted by アムス校友会 at 23:43| 会長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。