2011年02月08日

卒業生インタビューA 〜4期生 柴田晶夫先生〜 後編

卒業生インタビュー 第2回 柴田先生の後半です(前半はこちら)。
CIMG1460.JPG
















◇どういったことに重点をおかれて院を運営していらっしゃいますか。

患者様が心身健康であってこそ、楽しい快適な生活が送れ、
良い仕事ができると思います。
患者様の健康維持、促進のお手伝いができればと思ってます。

◇開業前後でご苦労されたことがあったら教えてください。

自分の整骨院なので苦労とは思いませんでしたが
改装工事の図面上で見ているのと実際の現場とでは
業者とのイメージの違いが出る事があるので
頻繁に現場に顔を出し、工程のチェックをしながら
現場合せをして使い勝手や見栄えの良い方へ変更かけました。
あと開業セミナーでも申し上げたのですが
銀行融資、内装工事、医療機器、消耗品など購入品の全て
複数社から条件やコストを提出してもらい
自分で内容をよく把握、吟味し
納得するまで価格交渉の商談をしてから発注しましたね。

◇院の特色を教えてください。

二足歩行する人間は、他の動物と違い元来、バランスの悪い生き物です。
その為人体の各部分は上下左右からかかる重力、外的環境により
バランスが崩れやすくそれに対し二足歩行を維持し状態を補正する機能を持っています。
痛み、変形、捻れは現時点で悪い箇所がありながらも
やむをえず痛みや変形や捻れをしている事があります。
では悪い部分とはどこか?
それを見つけることが治療するにあたって一番大事な事と思ってます。

◇どうしてその様な特色付けをされたのですか。

痛みがある部分が単独に異常がある場合と他の異常部位を庇い
最終的に庇いきれなくなり痛みが出てる場合があり
後者は原発部位を治療する事により改善されるからです。

◇柴田先生が考えていらっしゃる「今後の展開」または「あるべき姿」について教えてください。

一つは、「常に学ぶ姿勢」を持つことです。
医療に完璧はありませんが、少しでも多くの患者さんに対して正確に鑑別を行い、
症例に対応できるように自分の知識を広げ、何でもいいというわけではありませんが、
より良い技術をこれからも身につけていきたいと思います。
そういった意味では校友会で開催してもらっている勉強会は大変自分のためになりました。

あと、心がけているのは近隣のお医者さんと繋がりを持つことです。
整形外科をはじめ、プライベートも含めて接する機会のあったお医者さんとも
コミュニケーションを取って、いざというとき連携できるように環境を整えています。

◇ありがとうございました。

CIMG1456.JPG















CIMG1454.JPG
















柴田先生の施術所内です。暖色系の照明に照らされ、とても明るい雰囲気をかもし出している院内でした。
すっかり写真撮り忘れましたが、待合室にもこの時期にはありがたい足温器が置いてあり、インタビューもお互い足温器で脚を暖めながら行いました。

卒業後も年に1〜2回はお会いするか、電話で声を聞く機会があるのですが、受験に至るまでの経緯をじっくり伺うことはなかなか無く、当時を思い出しながら聞かせていただき懐かしかったです。

お忙しい中ご協力いただきまして、本当にありがとうございました。

CIMG1462.JPG















しばた整骨院 大阪府松原市三宅中4丁目12-33

近鉄南大阪線 河内松原駅より北に車で約4〜5分


posted by アムス校友会 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 卒業生インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。