2010年12月23日

卒業生インタビュー@ 〜2期生 河村修先生〜 後編

先週から始まった卒業生インタビュー、河村先生編の後半です(前半はこちら)。

kawamura3.JPG













◇今の院の場所を選ばれた理由は。

地元である吹田市はスポーツが盛んで、スポーツされている学生さんが特に多い江坂町にしました。

◇どういったことに重点をおかれて院を運営していらっしゃいますか。

スローガンの[感謝]・[謙虚]・[信念]を念頭にしています。

◇院の特色を教えてください。

スポーツ選手の夢をサポートするために、外傷の治療だけでなく現場復帰までのリハビリメニューや精神面のケアなど全力でサポートさせていただいています。

◇どうしてその様な特色付けをされたのですか。

学生時代に柔道整復師の先生方に夢をサポートしていただき、将来自分もスポーツ選手の夢をサポートしたいと思ったからです。

◇河村先生が考えていらっしゃる「今後の展開」について教えてください。

今のスタイルを継続してやっていきます。
本物の治療を患者さんにこれからも提供していきたいと思います。

◇河村先生の考える「柔道整復師のあるべき姿」について教えてください。

本物の治療を患者さんに提供できる柔道整復師です。

◇ありがとうございました。

河村先生の施術所内です。治療機器がほとんどありません。低周波の機械があるぐらいです。徹底的に手技で対応されます。
kawamura5.JPG













kawamura4.JPG














何か壁にありますね・・・。
kawamura6.JPG













様々な症例などが載っています。これらの資料から、患者さんにあったものを使って症状やこれからの治療プランを説明されるそうです。

あとこれも他の整骨院とちょっと変わっているのが、置いてある本。夕方からは近隣の小学生〜高校生が治療に来られるので、今流行ってるマンガ本がどっさり。写真に写っている分とは別に同じぐらいの冊数のマンガがありました。若い学生さんたちが多い整骨院ならではですよねわーい(嬉しい顔)
kawamura7.JPG















ご協力いただいた河村先生、本当にありがとうございました。

過去2回伺ったのはいずれもお昼の休憩時間。「午前中より夕方からの方がずっと忙しいんです」と河村先生もおっしゃられてました。夕方は若い子の熱気でムンムンしているんでしょうね。また一度その時間帯にもお邪魔してみたいと思います。


posted by アムス校友会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 卒業生インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。